新しい工学教育・ヨーロッパからの考え・第四回九州工学教育協会シンポジウム

英語版 / English version
http://www.fasol.com/2017/07/21/future-engineering-education-kyushu/

新しい工学教育・ヨーロッパからの考え。ファーソル・ゲルハルト。

新しい工学教育・工学教育の将来トレンド・第四回九州工学教育協会シンポジウム

  • 13:00 ~ 15:00 基調講演 基調講演
    • 原田裕一 「グローバルイノベーションを活用した実践教育」
    • 五十嵐伸吾 「学生のイノベーション志向の醸成学科教育と学生主体の独創的活動支援を併用して」
    • ゲルハルト・ファーソル一 「英国でのグローバル産学連携教育」
  • 15:00 ~ 16:30 パネルディスカッション
  • 17:00 ~ 18:30 交流会

ユーロテクノロジ・ジャパン社CEO ゲルハルト・ファーソル氏

英国でのグローバル産学連携教育

ヨーロッパの教育・研究開発分野は多様であり、日本の将来のために役立つヒントがたくさんあります。近年、ヨーロッパ諸国やイギリスでは、教育・研究開発分野における競争の結果、様々な改革が行われてきました。今回の講 では、私のオーストリア、ドイツ、フランス、イギリスそして日本でのこれまでの経験を基に、日本再生のカギをご紹介したいと思います。

株式会社ユーロテクノロジ・ジャパン(代表取締役社長)ゲルハルト・ファーソル(Gerhard Fasol)

オーストリア出身。ケンブリッジ大学において博士号取得(物理学)。ケンブリッジ大学終身雇用教官。同大学トリニティカレッジ・フェロー。日立ケンブリッジ研究所所長、東京大学生産技術研究所助教授を経て、科学研究事業 「さきがけ21」研究プロジェクトを担当。その後、ユーロテクノロジー社を設立し、日欧をつなぐビジネスの推進や、日本のグローバル化に向けた各種提言を行なう。GMOクラウド株式会社の取締役兼監査等委員。九州大学客員 授。詳しくはhttp://fasol.com/

英国でのグローバル産学連携教育新しい工学教育・ヨーロッパからの考え

ゲルハルト ファーソル 自己紹介

九州の経済成長の再出発と工学敎育の責任

2000年迄にオランダと九州の経済は同じ大きさでした。
今日はオランダの経済は九州のより二倍.

九州の経済成長は2000年止まった。

ホランダと九州の大学の国際ランキンングを比べば、九州とホランダの大学のランキングは大幅に違うです。

九州の経済成長の再出発の為に九州の大学の深い改革は必要だと思います。

ウアルムスレーイアイン教授によって、オックスフォード大学の副学長は、イノベーションのエコシステムは三つの事必要です

  1. 臨界量
  2. 交配、他家受精、色々なアイデアの猪突
  3. 競争的な張力、テンション

受講 > アクティブラーニング

まとめ、アクション

  • 九州の経済成長は止まった。
  • 工学教育、九州の大学の状況は九州の経済成長の止まれの一つの大切な原因
  • 工学教育の改革が必要、経済の再出発のために
  • 工学教育の改革のヒント
    • 近親交配対策が必要
    • 受講 > アクティブラーニング
    • 人材を育ってる > リーダーの教育
    • ラーニンギの研究が必要。現在は脳の構造、ラーニングの方法はまだ充分理解されていない
新しい工学教育・ヨーロッパからの考え。ファーソル・ゲルハルト。
新しい工学教育・ヨーロッパからの考え。ファーソル・ゲルハルト。
新しい工学教育・ヨーロッパからの考え。ファーソル・ゲルハルト。
新しい工学教育・ヨーロッパからの考え。ファーソル・ゲルハルト。
新しい工学教育・ヨーロッパからの考え。ファーソル・ゲルハルト。
新しい工学教育・ヨーロッパからの考え。ファーソル・ゲルハルト。
新しい工学教育・ヨーロッパからの考え。ファーソル・ゲルハルト。
新しい工学教育・ヨーロッパからの考え。ファーソル・ゲルハルト。
新しい工学教育・ヨーロッパからの考え。ファーソル・ゲルハルト。
新しい工学教育・ヨーロッパからの考え。ファーソル・ゲルハルト。
新しい工学教育・ヨーロッパからの考え。ファーソル・ゲルハルト。
新しい工学教育・ヨーロッパからの考え。ファーソル・ゲルハルト。
新しい工学教育・ヨーロッパからの考え。ファーソル・ゲルハルト。
新しい工学教育・ヨーロッパからの考え。ファーソル・ゲルハルト。
新しい工学教育・ヨーロッパからの考え。ファーソル・ゲルハルト。
新しい工学教育・ヨーロッパからの考え。ファーソル・ゲルハルト。
新しい工学教育・ヨーロッパからの考え。ファーソル・ゲルハルト。
新しい工学教育・ヨーロッパからの考え。ファーソル・ゲルハルト。
新しい工学教育・ヨーロッパからの考え。ファーソル・ゲルハルト。
新しい工学教育・ヨーロッパからの考え。ファーソル・ゲルハルト。
新しい工学教育・ヨーロッパからの考え。ファーソル・ゲルハルト。
新しい工学教育・ヨーロッパからの考え。ファーソル・ゲルハルト。
新しい工学教育・ヨーロッパからの考え。ファーソル・ゲルハルト。
新しい工学教育・ヨーロッパからの考え。ファーソル・ゲルハルト。
新しい工学教育・ヨーロッパからの考え。ファーソル・ゲルハルト。
新しい工学教育・ヨーロッパからの考え。ファーソル・ゲルハルト。
新しい工学教育・ヨーロッパからの考え。ファーソル・ゲルハルト。
新しい工学教育・ヨーロッパからの考え。ファーソル・ゲルハルト。
九州工業大学
九州工業大学

第四回九州工学教育協会シンポジウムについて詳しくは
http://www.fasol.com/j/2017/06/29/future-engineering-education-kyushu/

詳しくわ、チラシのダウンロード

Copyright (c) 2017 Eurotechnology Japan KK All Rights Reserved

工学教育の将来トレンド・第四回九州工学教育協会シンポジウム

産学連携を活用した新しい工学教育

2017年7月11日(火曜日)13:00〜16:30 九州工業 大学 戸畑キャンパス 百周年記念館多目的ホール2 F

  • 13:00 ~ 15:00 基調講演 基調講演
  • 15:00 ~ 16:30 パネルディスカッション
  • 17:00 ~ 18:30 交流会

九州大学 グローバルイノベーションセンター教授 原田裕一氏

グローバルイノベーションを活用した実践教育

九州大学で取り組み始めた独自のオープンイノベーションに根ざした産学連携のKOINE (Kyudai global Open Innovation Network Engine)では、学生の主体的な研究教育の展開を行なっています。その考え方と具体的なグローバルな例を示すことで、新たな工学教育の可能性について述べます。

九州大学 グローバルイノベーションセンター KOINE部門長 教授 原田 裕一(はらだ ゆういち)

東京都出身。東京工業大学総合理工学研究所電子システム専攻を修了。日本電信電話㈱主幹研究員、オックスフォード大学Clarendon研究所、ロンドン大学Royal Holloway校等の各研究機関客員研究員を経て、中央大学大学院理 学部兼任講師、早稲田大学先進理工学部の非常勤講師に 着任。2015年に日本電信電話㈱を退職した後は、九州大学産学連携センター教授、2016年10月新しくスタートした 'KOINE'の部門長教授に就任し、九大独自のオープンイノベーションに根ざした産学連携の新しい取り組みを目指し、学生の主体的な研究・教育の発展に力を注いでいる。

九州大学 ロバート・ファン/アントレプレナーシッフ・センター准教授 五十嵐伸吾氏

学生のイノベーション志向の醸成。学科教育と学生主体の独創的活動支援を併用して

イノベーションとアントレプレナーシップが密接な関係にあることが周知となり、近年欧米ではこれらを志向する教育が活発化している。九州大学では北欧の科学技術イノベーション志向の先進的なアントレプレナーシップ教育を調査研究し自学の教育プログラム化してきた。核となるものは学科教育と学生の自主的活動を組み合わせた「行動探索型学習」の推進である。本講演では欧米での教育の潮流と九大での実践例を紹介する。

九州大学ロバート・ファンアントレプレナーシップ・センター准教授 五十嵐 伸吾(いがらし しんご)

北海道出身。小樽商科大学卒業、2005年筑波大学大学院ビジネス科学研究科修士課程修了(MBA)。UFJ銀行(現三菱東京UFJ銀行)を経て、2005年九州大学着任。銀行在籍時は、ハイテクスタートアップスの発掘、審 査、成長支援 携わり、300社強のスタートアップを支援してきた。大学・大学院のための起業家教育推進ネットワーク・アドバイザリーボード委員(経済産業省)などアントレプレナーシップ教育に造詣が深い。現在、日本ベンチャー学会理事。

ユーロテクノロジ・ジャパン社CEO ゲルハルト・ファーソル氏

英国でのグローバル産学連携教育

ヨーロッパの教育・研究開発分野は多様であり、日本の将来のために役立つヒントがたくさんあります。近年、ヨーロッパ諸国やイギリスでは、教育・研究開発分野における競争の結果、様々な改革が行われてきました。今回の講 では、私のオーストリア、ドイツ、フランス、イギリスそして日本でのこれまでの経験を基に、日本再生のカギをご紹介したいと思います。

株式会社ユーロテクノロジ・ジャパン(代表取締役社長)ゲルハルト・ファーソル(Gerhard Fasol)

オーストリア出身。ケンブリッジ大学において博士号取得(物理学)。ケンブリッジ大学終身雇用教官。同大学トリニティカレッジ・フェロー。日立ケンブリッジ研究所所長、東京大学生産技術研究所助教授を経て、科学研究事業 「さきがけ21」研究プロジェクトを担当。その後、ユーロテクノロジー社を設立し、日欧をつなぐビジネスの推進や、日本のグローバル化に向けた各種提言を行なう。GMOクラウド株式会社の取締役兼監査等委員。九州大学客員 授。詳しくはhttp://fasol.com/

公演のまとめ
http://www.fasol.com/j/2017/07/23/future-engineering-education-europe-view/

お問い合わせ、事前登録

Copyright (c) 2017 Eurotechnology Japan KK All Rights Reserved

ものづくり対ソフト

ものづくり対ソフトの政策は日本ではとっても深い分かの問題です。

私は東京大学の助教授時に科学技術庁のさきがけ研究プロジェクトのリーダーだった。米国のNSFと米貿易庁評価して、彼らはさきがけプグラムではソフトのプロジェクトがないと吃驚した。私は初めてはソフトのプロジェクトした、賞も貰った。 まわりの東京大学の先生は、凄くもんくした、私はソフトの研究したから。

東京大学の助教授時に私の同じケンブリッジ大学博士したのBjarne Stroustrup氏に東大で講義する招待した。Bjarne Stroustrup氏は一人で六ヶ月間間にC++を作った。300人くらい彼の講義参加した。でも、その300人は皆ロッシアの客員研究員、投資銀行のインドのITエンジニアー、かNTTの方。東京大学の教授様、学生様、博士の学生様はBjarne Stroustrup氏の講義「What is C++ and why?」に全く興味なかった。講義の後私は朝四時迄Bjarne Stroustrup氏と六本木で飲みに行った。その件でも議論した、何故東京大学の教授様、学生様はBjarne Stroustrup氏の講義参加しなかった。何故かな?

Copyright (c) 2014 Eurotechnology Japan KK All Rights Reserved

Alexa Meadeのアート

Alexa Meade paints MINI @109 in Shibuya
Alexa Meade paints MINI @109 in Shibuya
Alexa Meade paints MINI @109 in Shibuya
Alexa Meade paints MINI @109 in Shibuya
Alexa Meade paints MINI @109 in Shibuya
Alexa Meade paints MINI @109 in Shibuya
Alexa Meade paints MINI @109 in Shibuya
Alexa Meade paints MINI @109 in Shibuya

Alexa Meadeというはだれ?

Alexa Meadeのプレセンテーション

クラウド・コンピューティングとは?

世界のクラウド・コンピューティング事情(1):

クラウド・コンピューティングとは? (日本語)
クラウド・コンピューティングとは? (英語)
クラウド・コンピューティングとは? (中国語)

「日本のエネルギー、神話対事実」スエーデン大使館の講演

「日本のエネルギー、神話対事実」
講演者 ファーソル ゲルハルト
2013年6月19日(水)
18時30分〜21時
スエーデン大使館
ストックホルム商科大学•欧州日本研究所
詳しく、登録
ストックホルム商科大学•欧州日本研究所のサイトで

「日本のエネルギー、神話対事実」資料ダウンロード

世界の携帯電話市場のパラダイム変更と日本の携帯電話メーカーのチャンス

情報通信ネットワーク産業協会

平成20年11月3日15時00分〜16時30分

講演のタイトル 「世界の携帯電話市場のパラダイム変更と日本の 携帯電話メーカーのチャンス」

日本は通信分野では全世界一番先進国です。 本当に心からおめでとう御座います

講演者 ゲルハルト ファーソル

  • 日本国内は大成功。
    • 日本の発展はヨーロッパ、米国は3年くらい前です。
    • 心からおめでとうございます!
    • でもこれから日本の市場は厳しくなる。
  • 今日の講演の目的は:
    • 日本の以外、全世界の成功への道
    • 弊社との協力は。。。

世界の携帯電話市場のパラダイム変更と日本の携帯電話メーカーのチャンス

シーテックジャパン2008海外の講演
講演番号 NT-13
平成20年10月3日11時00分〜12時00分

講演のタイトル 「世界の携帯電話市場のパラダイム変更と日本の 携帯電話メーカーのチャンス」

講演者 ゲルハルト ファーソル

  • 現在の世界の携帯電話端末市場の状況
  • 携帯電話市場のパラダイムシフト
  • 何故ノキア社はそなに成功するか?
  • パラダイムシフトからの日本の携帯端末メーカのチャンス
  • 日本の端末メーカー他の企業の戦えを勝ち•生き残るの方法:
    1. パラダイムシフトの理解の上の戦略
    2. ニッチ市場から
    3. 集中
    4. ブランド
    5. スピード
    6. リーダーシップの多様性•ダイバーシティ

ヨ−ロッパと日本における携帯市場はなぜこれほどまでに違うのか、その結果としてのビジネス機会はどこにあるのか

日本エレクトロニクスショー、シーテックジャパン2008年の講演
講演番号 SP-11
平成17年10月6日14時00分〜15時00分

講演のタイトル 「ヨ−ロッパと日本における携帯市場はなぜこれほどまでに違うのか、その結果としてのビジネス機会はどこにあるのかス」

講演者 ゲルハルト ファーソル

  • なぜ日本は世界でもっとも優秀な携帯電話を作り、マーケットシェアがもっとも低いのか?
  • 日本とヨーロッパのモバイル市場はどのように違うのか?
  • 文化は重要か?国際ビジネスで間違いを起こすと高くつくか?
  • ブランド力。。。
  • 国際人事の秘けつ。。。
  • “The WaPro-trap”

欧州における携帯電話・モバイルコンテンツ分野のビジネスチャンスと市場参入の方法

情報通信ネットワーク産業協会 (CIAJ)

平成17年9月30日

講演のタイトル 「欧州における携帯電話・モバイルコンテンツ分野のビジネスチャンスと市場参入の方法」

講演者 ゲルハルト ファーソル

  • なぜ日本は世界でもっとも優秀な携帯電話を作り、マーケットシェアがもっとも低いのか?
  • 日本とヨーロッパのモバイル市場はどのように違うのか?
  • 文化は重要か?国際ビジネスで間違いを起こすと高くつくか?
  • ブランド力。。。
  • 国際人事の秘けつ。。。
  • “The WaPro-trap”